ご挨拶
greeting

ご挨拶

向井勉

この度令和2年1月1日付で市民調剤薬局はグループ内再編に伴い、株式会社ファーコスと経営統合されることになりました。
株式会社ファーコスはスズケングループ最大の薬局として北海道から九州まで約250店舗を展開する企業であり、弊社もその一員となります。

弊社は平成9年に新潟市民病院前にたった6名で開業した薬局でしたが、「新潟にいい薬局を作ろう」という理念のもと、今日まで歩んできました。

 

市民調剤薬局のこだわりとは「存在価値」を作り上げることにありました。社員一人一人の「存在価値」、薬局としての「存在価値」、患者さん一人一人の「存在価値」を常に考え、作り上げていくことが企業としての使命であると位置づけてまいりました。

新潟という地方都市の10店舗余りの小さな薬局企業ではありましたが、処方せん調剤を基本とした医療へのかかわり方にとどまらず、早い段階から新たな「存在価値」を模索してまいりました。新潟県内では2社目、薬局業として全国では初めての「プラチナくるみん」の取得や「ハッピーパートナー」の取得は、今になると現在国が進めている働き方改革を先取りしたものでした。

また、薬局が自殺予防に関わることを社内で宣言し、全社員が研修を受講してから小さな数字ではありますが、数十名の自殺を考えている方と接することができただけではなく、地域の薬剤師会の活動への事業展開をしてもらうための働きかけは全国にも影響を与えることのできる一つとなりました。

 

これから私たちがファーコスと共に新たな歩みを始めることについては、私たちの新たな「存在価値」の創造であり、ファーコスによる全国レベルの薬局づくりとの融合が大きな価値として地域に貢献することができるのだと確信しております。今後ともよろしくお願いいたします。

向井 勉