教育部門 教育・学術統括室 医薬品情報部門(DI室) 教育部門

社員教育のプログラム

社員育成の過程

 

市民調剤薬局の社員は、入社1年目に新入社員研修を行い、社会人そして薬剤師として基本的なことを学びます。
新人研修が終了した後は、社内必修勉強会のほか、様々な勉強会、研修会、学会への参加を通じて成長をして行きます。

 

  • 社外研修
  • 学会発表
  • 薬学会参加
  • 社内学会
  • 社内勉強会
  • 新入社員研修

社外研修

薬剤師として社会人としてスキルアップの機会です。専門性のある勉強会や研修会に参加することは知識、技能の向上につながります。また、多くの人と触れ合うことは新しい気付きや人との交流のきっかけとなります。

 

北欧研修に参加して

数日間ですが日本とは違う文化や習慣のある国で過ごし、現地で働く人々や生活する人々と触れ合い沢山の刺激を受け、価値観や考え方が大きく変わりました。
薬剤師として、また人として大きく成長できたと感じています。(薬剤師 平山友美)

 

介護施設の方との話し合いの様子現地の兵隊の方と現地の薬剤師の方

 学会発表

日本薬剤師学術大会、北信越薬剤師学術大会、新潟薬学会を中心に学会発表を行っています。
学会発表を行うことで、自分の研究内容や取り組みに対する評価を受けてさらにブラッシュアップすることができます。また発表内容を通じて新たな交流が生まれることもあります。

 

学会発表1学会発表2

薬学会参加

各種学会に参加することで、より専門的な情報に触れることができますので、現在の取り組みを見直すことができます。また、現場のニーズにあった情報交換ができれば、学会の情報を基に薬物治療に貢献することもできます。

 

薬学会参加1薬学会参加2薬学会参加3

社内学会

第3回社内学会ポスター

年2回開催します。コンセプトは「今、できることから始めよう!」です。

 

これからより専門性を持った薬剤師が必要とされる中で、気軽に研究発表の機会をもてるようにとの思いから開催しています。毎回5〜7件ほどの発表が行われ、社外発表の前の練習も兼ねて発表をする方もいます。

 

社内学会1 社内学会2 社内学会3

社内勉強会

日本薬剤師会が作成したプロフェッショナルスタンダードの学習目標をもとに構成された勉強会です。
21項目の病態と薬物治療を扱った勉強会で、薬剤師は1回以上受けることが必修となっています。この勉強会の目的は、門前医院の診療科や薬剤師としての経験年数に関わらず、すべての薬剤師が一定レベルの知識に基づいて、調剤・監査・投薬が行えるようになることです。

 

社内勉強会1社内勉強会2

 

新入社員研修


医療倫理
コミュニケーション力
信頼関係づくり・・・ブラインドウォークで言語だけのコミュニケーションの難しさを実感
ビジネスマナー・・・挨拶、お辞儀、電話応対、名刺交換などビジネスマナーの基本を練習
表現力とディスカッション・・・自分の意見を相手に伝えれられるかをディスカッションを行い練習

在宅医療が進み他職種の方と連携することはもちろん、地域保健医療の普及活動も薬剤師の職務として求められています。

それには調剤・鑑査・服薬指導ができるだけではなく、一社会人として外に出ても通用する社員を育てていく必要があります。

 

新入社員研修

 

市民調剤薬局の新入社員研修は、薬剤師という職能を脱いでも一般社会人として通用する人財を育成するため、「薬剤師として」以前に「社会人として」「人として」の基礎固めを中心に行われます。

 


当社では毎年、入社後すぐ一泊二日の新入社員研修を行っています。
この二日間で学生から気持ちを切り替え、これから一年かけて行われる研修に向けてのスタートとして「社会人、そして薬剤師としての基本的な心構え」を学びます。

 

 
2日間で全店に挨拶回り・・・新入社員で全店のスタッフにご挨拶。全スタッフ、顔が見える関係で。
集合研修・・・現場で学びながら、フォローを行います。

OJT研修をメインに、必要なことは集合研修でその都度フォローしていきます。 半年以上かけて全店で研修を行います。

 

 

 

 

各店舗を回る事により以下の内容を体験・学習します。

  • 病院前と開業医前の違い
  • 地域による違い
  • 診療科による違い
  • 医師の処方意図の違い

開業医前の薬局では、医師との連携がより密である為、さらに専門性的な知識が要求されます。

学会への参加
学会への参加

学会への参加にも力を入れています。
秋には日本薬剤師学術大会・北信越学術大会があります。
新潟だけでなく、全国の薬剤師と繋がりを作る事も一つのテーマとして取り入れています。

薬局の中にいるだけでは新しい情報は入ってきません。外に出て情報収集することはもちろん、自分たちの活動を伝える情報発信の場としても欠かさず参加をしています。

 

→ これまでに参加した学会一覧はこちら

POS
POS

当社ではPOSの精神を大切にしています。
POSの精神を育てるため、平成25・26年度の研修では東京研修を行いました。


薬局に訪れる方に「最高のおもてなし」を。そのためには何をすればいいのか。
各サービス施設の見学や、病院・薬局の訪問など行いました。
どこに行くか、何をするか自分たちで考えスケジュールを組みます。
もちろんアポイントも自分達で取ります。

 

現場での経験をつなげる体験型の教育

現場での経験をつなげる体験型の教育

市民調剤薬局では6年制の薬学教育で行われている教育理論をいち早く取り入れ、知識偏重型の古い薬剤師教育から「知識」「技能」「態度」各領域のバランスが取れた体験型薬剤師教育を行ってきました。

 

体験型教育の一環として週に1回症例検討を行っています。症例検討では、薬歴を自分たちが対応を行った患者さまの症例を振り病態・薬物治療の理論と関連づけることにより、症例をより深く理解するとともに情報共有を行い、次回来局時に実践することで学んだことを患者さまの対応にも直接活かすことが出来ています。
つまりは、実践したことを振り返り学習すること。学習したことをすぐに実践するというサイクルを繰り返すのです。この体験型教育はKolbの経験学習のサイクルを基にしています。「経験」したことを「振り返り」学習して「概念化」することで、一過性の成功体験が「再現性のある」能力として自分自身に定着します。また、「学び」とったものは実際に使ってみることでより再現性を高め維持することができるのです

 


医薬品情報部門(DI室)へ 医薬品情報室(DI室) DIニュースへ 教育部門へ 教育部門 社員教育のプログラム 教育部門 学会発表・参加学会の年表へ 教育部門

『職能』という服は何着あっても良いが、それを着こなすのは『自分自身』。 【TPO】Time(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)に合わせた服を着ても、自分自身を磨かなければ何も変わらない。



→ スマートフォン表示で見る