スタッフメッセージ 会社説明会 採用情報 採用試験 スタッフメッセージ エントリーフォーム

スタッフメッセージ

市民調剤薬局スタッフの熱い想いを感じて下さい。メッセージを受け止めてください。
そして、実際に見学に来て確かめてみてください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

薬剤師

 
  •  社員の成長は全て「患者さまのために」
  •  求められる薬剤師を目指して
本間 太郎

私は市民調剤薬局が「患者さまのために」を、第一に考えていることを魅力に感じ入社しました。
 入社して1年目は学生から社会人になり、薬剤師として現場に出ることに対して多少の不安もありましたが、入社後すぐの接遇・身だしなみ・言葉遣いなどの「マナー研修」や「新人研修」が充実しており、気持ちの切り替えのスイッチが入ったと思います。また薬剤師のミスを軽減するための「監査システム」が全店で導入されているので安心して働くことが出来ました。そして「フォローアップ研修」・「学会の参加」など社員成長のために会社は惜しみなくサポートしてくれるので、自身を磨くことができるいい環境が整っていると思います。社員の成長の支援することと、過誤を防止することは全く関係がなさそうですが、「患者さまのために」という見方をすれば同じことだと思います。私もこの視点を持って、少しでも患者さまの悩みを解決できれば。という思いで、今の仕事に取り組んでいます。

 就職活動では、会社の持つ雰囲気を自分の目で確かめ感じることが大切だと思います。
ですので、ぜひ一度店舗を見学に来てください。お待ちしています。

藤井 桃子

「患者さまの役に立ちたい!」
 そう意気込んで入社したものの、初めての投薬は緊張で手が震え、冷や汗をかきながら薬の説明をするので精一杯でした。そんな私が、最近は患者さまから「久しぶり!藤井さん元気?」「あんたの顔見れて元気出たよ」と声をかけていただけるようになりました。冷や汗をかいていたあの頃に比べて少しは成長できたのかなと感じています。

 そんな私は今、教育研修課で社内の研修運営もしています。薬学部も6年制に移行し、薬剤師の役割は社会の中で大きく変わりつつあります。社会のニーズに合った薬剤師を育てるために日々試行錯誤を続けています。

 

あなたはどんな薬剤師になりたいですか?

 まだ、イメージがわかない人もいるかと思います。私自身そうでした。でも、しっかり将来へと導いてくれる研修があります。先輩、上司からのフォローがあります。
求められる薬剤師を目指して一緒に働いてみませんか?



医療事務 ・ 本部

 
  •  変える事は、変われるという事
  •  働きやすい環境、成長を感じる毎日
  •  患者さま、医療関係者から信頼される
    薬剤師教育を目指して
  •  働くママも両立しながら安心して
    働ける職場です
板倉 宏美

私は市民調剤薬局に入社するまで医科の経験しかなく、患者さまの目線で考えるということがなかったように思います。

 

患者さまは心身共に疲れていることが多く、負担になるのが待ち時間です。
市民調剤薬局に入社し、てきぱきとした行動ができるか、いかに効率よく仕事をするか、少しでも待ち時間を短縮できるよう考えるようになりました。

 

私が学生の頃は自分のやりたいこともなく、ただ就職活動をしているだけでした。
皆さんは薬剤師という明確な目標を持ち、成長したいという気持ちを持っていることと思います。
どこよりも成長できる環境が整っている会社だと思います。

小林 けいこ

私は市民調剤薬局とやの店で、医療事務として働いています。
しかし医療事務だけにはとどまらず、健康関連の商品や化粧品の販売にも力をいれています。
現在経理事務の仕事にも携わっており、新たな勉強の毎日です。
会社に入社以来、いろんな仕事を経験させてもらい、日々自分の成長に繋がっていると 感じています。

 

出産時には1年間の育児休暇を取得させてもらいました。その後仕事復帰をし、今では仕事と家庭と育児の両立をしています。
出産後も変わらず働いていけるのも、社員のみなさんの協力とこの会社が女性にとって働きやすい環境作りに力を入れているからだと思います。

 

これからも一人でも多くの患者さまに喜んでいただけるよう、日々新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。

堀 信弥

私は入社してから4年目で医薬品情報室、5年目に教育部門の設立に関わって、7年目からはこれらの2つの部署をまとめる学術統括室長という立場にあります。

 

入社当初より目の前にある医薬品情報に対して常に「なぜ?」という視点で臨んで納得がいくまで徹底的に調査していた私にとって、医薬品情報室の仕事は非常にやりがいがあるものでした。

 

私は薬剤師にとってこの「なぜ?(根拠・理由)」そして「どうしたら良いのだろう?(問題解決)」を考えることが重要だと思います。
例えば患者様に適用される薬物療法は様々で、添付文書の内容だけでは解決できないことがあります。
そんな時に「添付文書には○○と書かれていますので・・・」だけなら薬剤師は要りませんね。「なぜ」そう書かれているのか、それがダメなら他に「どのような手段があるのか?」そういう視点で考え、薬の専門化として患者様や医療関係者のサポートができるような薬剤師を育成したいと考えています。

富樫 郁恵

私は税理士事務所と建設業事務の勤務を経て、平成22年3月に経理・総務として入社いたしました。

就職活動当時、私自身が乳幼児の子を抱えていたため、育児への理解があり、仕事との両立を安心してできる会社への再就職を考えていました。
市民調剤薬局には、出産・育児に関する会社の諸制度が整っていること、利用しやすい雰囲気や気兼ねせずに制度を使える環境があり、子育て中の女性も男性も安心して働ける場があります。

入社当初は経理と総務を兼務しており、社員の皆さんの産休や育児にかかる各種手続きや勤怠管理・給与計算を行っておりました。現在は経理業務を中心に行っております。主な内容は、各店舗で発生した日々の収支や会社運営上の経費等の収支を本部で一括に仕訳し処理しています。経理は各店舗からのデータが集まる課であり、かつ会社の資金管理や決算処理など会社経営活動に関わる情報が集まってくる課です。

 

入社し数年経ちましたが、まだまだ知識不足で社員の皆さんに支えられながら頑張っています。今後は会社運営にかかわる法改正や税制改正などに目を配り、スキルアップしながら「みんなに支えられる経理」から「みんなを支える経理」になるために努力していきたいと思っています。


採用情報会社説明会採用試験スタッフメッセージエントリーフォーム




→ スマートフォン表示で見る