在宅サービスのお知らせ

在宅サービスのお知らせ

患者さまのお宅へ、お薬の説明に伺います

 

施設や自宅で療養中の方について、代理の方に薬局にてお薬をお渡しするだけで、薬の効き目や服用上の注意点などを、ご本人に十分に説明出来ない事があります。

 

そこで、患者さまのご自宅へ訪問し以下の確認をさせて頂きたいと考えております。
在宅サービスのご希望がありましたら、ぜひお気軽にお申し出ください

 


お薬の説明
お薬の保管
残った薬の管理
服用方法の検討
副作用の確認
病院や医院などから処方されている薬の飲み合わせ

また、当薬局は無菌設備を備えており、注射・点滴等の無菌製剤も取り扱っております。
医療材料やおむつ等の介護用品についてのご相談もお受けいたしております。

 

費用について

 

通常お薬にかかる費用とは別に、在宅患者訪問薬剤管理指導料(居宅療養管理指導料)をいただいています。
公費医療証をお持ちの方、その他、ご不明な点がありましたらご相談ください。


介護保険認定を受けている方
(1割負担)
介護保険をお持ちでない方
(医療保険の負担割合に応じて異なります)
自宅居住の方
1回 503円
(週1回、月4回まで)
1回 650円又は、1950円
(週1回、月4回まで)
施設入居の方
1回 352円
(週1回、月4回まで)
1回 300円又は、900円
(週1回、月4回まで)

 

薬剤師の行う居宅医療管理指導とは?

 

たとえば、介護の現場でこんなお困りの事はありませんか? 

 

 「飲まないといけないのか?」と聞かれても、どう返事していいのか困る。

薬をご用意して自宅や入居施設へ訪問致します 薬をご用意して自宅や入居施設へ訪問致します

ご本人が保険薬局に行けなくても、処方された薬の効果や副作用の説明、副作用発現の有無チェックなどを、薬剤師から直接受ける事が出来ます。

 それぞれが本当に必要な薬なのか、重複している薬があるのではないか?と心配。

定期的に伺います 定期的に伺います

服薬状況をその都度チェックし、お薬の工夫をします。 必要に応じて医師に情報提供を行い、変更などの指示をあおぎます。

 薬の整理をするだけでも時間がかかる。

施設全体での薬の管理もします 施設全体での薬の管理もします

薬の仕分けなどの作業に時間を取られる事なく、介護に専念出来ます。

 複数の病院や医院、クリニックを受診しており、飲み忘れや自己判断で薬の調整をしていて残薬がたくさんある。

複数の医師から処方された薬を管理し、きめ細やかな服薬指導をします 複数の医師から処方された薬を管理し、きめ細やかな服薬指導をします

別々の医療機関で処方された薬を飲み間違いのないように、飲むタイミングごとにまとめ、自宅や入居施設にある残薬の管理もします。

 

市民調剤薬局全店で承ります。どうぞお気軽にご相談下さい。 info@shimin-ph.jp


PDFでもご覧いただけます。(729KB)PDFアイコン   ⇒ 市民調剤薬局の行う在宅医療の精神を見る